思い出のびわ湖へ

今回の介護旅行はリピートのお客様。
目的地は思い出の地 滋賀県のびわ湖へ
高速道路を通る車中ではお客様は地理が得意と、行ったこともない場所でも車上から見える少ない情報から看板にない地名を「このへんはここ」と言い当てておられました。
娘様いわく「地図が読める女。昔版」だそうです。

びわ湖へ着くと高速からでも景色が見えるようになり「緑ばかりで落ち着く」とお二人で地元へ近づく風景を懐かしんでおられました。
地元近くでお昼ご飯を食べると
ここは、昔に旦那様と行ったことがかるような懐かしい雰囲気がありますと言われていました。
「こんな小さい場所ですがここは日本三大地蔵がある」といわれ調べるとほんとうで
子供の頃はよく行かれていたそうです。
大変喜ばれ親子でお参りをされていました。

次は宿泊場所の雄琴温泉宿へ
夕食は地元で採れた野菜や魚、お肉を使用したお料理でした。
お二人の会話にも花が咲き、「私の話聞いてる?ビックリした聞いてないやんー」と漫才が始まっていました。
美味しいとご飯を召し上がられたあとは
ゆっくりと過ごされました。
今回の旅は大きな地蔵も見れてとても良かったわと、言われると娘様からは始まってばかりですと言われていました。

施設へ入所されてから初めての外泊だそうです。
2日目 雨のため、びわ湖バレイとびわ湖ミシガンクルーズを予定変更し、屋内博物館へ
横殴りの暴風雨のため車からも出られず
車内でお話しする。
少し早めにホテルへ到着すると、あれだけの雨風が空が明るくなり始め、小雨になりました笑
部屋で親子ゆっくりして過ごされました。

「雨の中ずっと運転されてお疲れ様でした」
と言っていただき本当のこころの優しい素晴らしい親子だと感じました。
そして、雄琴温泉の貸切露天風呂を親子で楽しまれました。

豪勢な夕食を食べられ、明日最終日の打ち合わせをしてからお休みになられました。

最終日、3日目の朝。
びわ湖では雨が降っていました。
昨日ほど激しくはない小雨。

チェックアウト時間を待たずに出発しました。
目的地は京都西本願寺。

高速で移動し30分ほどで到着。
ガードマンの方は車イスのお客様を見ると、特別に西本願寺寺務所横に車を案内してもらいました。
御影堂の中へ入りお参りをされ
「親子でお参りはとても久しぶりで良かったです。ありがとうございます」と言っていただきました。

そのあと、近くの洋食屋でご飯を食べて、京都タワー一階で沢山のお土産を購入し施設へ帰りました。

娘様からは「2日目のびわ湖バレイとミシガンクルーズが雨で行けなかったのは残念ですが、とても楽しい三日間でした。ありがとうございます」

娘様は月に2回1時間以上かけてお母様の施設へ行かれているそうです。
とてもお母様を大事にされていて、お母様も娘様を大事にされていました。
会話にお互いへの愛を感じ
介護士に介護を任せるのではなく
お母様の介護に関わろうとされる姿勢に感動しました。
いつまでもお元気でいてくださいと
お声かけしお客様も「はい」と笑顔で答えてくださいました。



===============================
介護付き旅行サービス 和-なごみ-
株式会社 介護の和
代表取締役:瀧本 法和
住所:大阪府柏原市大正1丁目3-33 rasisa r3
TEL:072-971-5300
FAX:072-971-5300
mail :kuon.25.09088204204.0411@gmail.com
HP: http://www.nagomi-support.jp
その笑顔が見たいからお客様の翼になります。
お客様の90%が笑顔に。笑旅行
===============================
#介護付き旅行サービス和なごみ #介護の和

Follow me!