パステル 筆文字アーティスト

皆さんおはようございます。
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第66回目のゲスト

□皆さんおはようございます。
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第66回目のゲスト

□パステル 筆文字アーティスト
代表 堀江 遊

□番組キーワード
・配信は12月12日(水)の10時30分!
・配信日は堀江さんの結婚記念日です!
・福祉とアートで幸せの灯りを
・動きやすく個人アーティストとし活動して行きます
・訪問介護事業所を創業する予定をこのままで良いのかなって踏みとどまる
・介護事業所は向いてないよ、介護保険にに縛られるのは多分しんどいんでしょ?と周りからも言われる
・保険内では自由に出来ないこともあり、それは結構当たってると考えていた
・ワークショップの活動場所として介護施設や飲食店など一般のお店へ展開中です
・奥様は、訪問介護事業所立ち上げに思いつめていてそうで、アーティストへの転身を聞き安心していた
・以前からメッセージが頭に降りてきていたこともあり、相手を見て筆文字でメッセージ書を描きます。今度路上でデビューします
・以前からではなく、ここ1、2年前からパステルアートや筆文字に急にのめり込みました
・施設の運営に関わる介護コンセルもしております
・アーティスト名は堀江遊のままで
・本当はそうゆうことをやりたかったのに結構手堅いことをしていたんでしょ笑と言われる
・赤星薫さんのハーバーリウムに筆文字を入れる万博ロハスフェスタイベントのワークショップ出店もします
・筆を使うのではなくパステルチョークを削ってその粉を手につけて指で直接描きます。
・パステルアートは五感に働きかけるセラピー効果あり
・もともと美術は得意ではありません
・将来はアートで食べていけるようになる。個展やグッズを作る。ペンダントにキャラクターや筆文字を入れるアクセサリー職人とコラボなど、そういう物作りの人たちとコラボしやすく繋がって行きたい
・デザイナーの稲田さんにホームページを頼んでいます
・大学時代の障がい者ボランティアが介護への入り口
・キャリアとしては幅広く介護の経験をしたいと障がい福祉、高齢者介護どちらも経験する
・あるきっかけで独立やアートのことを考えはじめる
・アートに対しても福祉に対しても人ありきであるのは変わらない
・絵を書いて販売をするのではなく、ワークショップで人と関わっていきたい
・介護の時代は自分の売りが弱いのかな?と悩みがあった
・小学校と中学校で不登校経験があります。これは僕の中では人に言いたくない最大の秘密でした。アートに関わり出して言えるようになってきた
・人に関わりながら自分のことを人に言ってないことが多い過去から、不登校の人たちにアートをアプローチしていきたい
・閉鎖的で人と関わるのが無理でした。それから変わるきっかけは障がい者ボランティア
・ある時に障がい者の話す言葉を分かったふりをしてしまう。それをその障がい者の方が「お前俺の言っていることを無視しているだろ!」と怒られる。自分がされて嫌なことをしてしまったと気づいて、そういうことを言ってくれる人がいるんだなと、こうやって人と向き合うのも良いのかなって、自分の中に壁を作っていたのが壊れた瞬間だった。そこから介護の世界へのめり込んでいく
・もともと人と関わることに抵抗がなかったわけではない
・フラワーアレンジメント赤星薫さんのやっている仕事がヒントになる。介護現場に還元できたらなと思う。
・パステールアートをレッスン習ってみると集中していきこれって良いなと火がついた
・高齢者の方もすごい集中されて楽しまれています
・性格により絵に特徴が出てそれぞれが違っている
・その人相手で、いろんな物語があり関係性が面白く、何かしらの不自由があり介護を頼まれているだけであり、障がいがあろうが介護が必要であろうが普段の友達関係と変わらないのでは?
・人と関わる繋がるが僕の中では大きいとはっきりしているので福祉交流会knytaでも繋がりを広げていきたい
・一般の方にも福祉の世界を知ってほしいから活動しています
・社会が明るく楽しくなるって人が繋がること
・介護スタッフさんに対しても癒し効果のあるパステルアートのワークショップを展開して行きたい
・現場の人たちがなんでも言える環境作りと異業種と関わる機会を増やしていく。現場の人は話したい

□番組内容
・つかみ
・パステル 筆文字アーティストとは
・パステル 筆文字アーティストへの経緯
・介護業界へ入る経緯
・介護事業からアーティストへなる経緯
・ワークショップのお客様の反応
・高齢者、障がい者、介護業界の魅力、働きがい
・人と人が繋がることでもたらすもの
・アートイベント参加者からの声から気づいたもの
・福祉交流会knytaとは
・この先のこと

□福祉交流会knyta facebookページ
ホームページはこちらからご覧ください

詳しくは番組をご覧下さい
番組終了まで見所満載です!
そして堀江さんへ熱いメッセージやお問い合わせをお願いします!
その熱意とお人柄を感じて下さい。

とても分かりやすくご丁寧に話していただきました堀江さん
楽しく収録させて頂き感謝をいたします。
また番組に遊びに来て下さい\(^^)/

・放送局
nagomiチャンネル
番組はこちらからご視聴ください

・番組名
『たっきーのフォレスとガンプ』

・放送日時
12月12日(水) 10:30~11:00
以降はnagomiチャンネルでいつでも
ご視聴できます。

・放送局施設
新大阪stationかわいい貸しサロン
編集 谷迫 笑子

・たっきーのフォレスとガンプHP↓
ホームページはこちらからご覧ください


========================
介護付き旅行サービス 和-なごみ-
代表:瀧本 法和
住所:大阪市中央区西心斎橋2-14-5-1103
TEL:090-8820-4204
FAX:050-3730-1239
mail :kuon.25.09088204204.0411@gmail.com
HP: http://www.nagomi-support.jp
その笑顔が見たいからお客様の翼になります。
お客様の90%が笑顔に。笑旅行
========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です