株式会社 おおきに

皆さんおはようございます。
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第62回目のゲスト

□株式会社 おおきに
代表取締役 太田 悠貴

□番組キーワード
・放送は12月3日(月)の10時30分!
・紹介者 NPO法人 おはな 森田浩史さん
・代表取締役雑用。雑用メインです笑
・森田さんより、生きがい、感覚的、戦略的お兄さんとご紹介です
・デイサービスおたがいさんでは、ご利用者様は「メンバーさん」です
・住宅型有料老人ホームですが老人ホーム感を出したくなかったので、仕事&役割付きシェアハウスと呼んでいます
・デイサービスでは朝来られてから帰られるまで決まったことが何もなく全て自由
・「食べたいものを食べる」。おたがいさんではメンバーみんなでその日のお昼ご飯を決めて、食べたく無い人は自分で買い出しに行ったり、レストランへ食べに行きます。そこから食材の買い出しをしに行きます。毎日のようにこられるのでスーパーの方も買いすぎは減らしたりなどのお手伝いをしてください
・お風呂は入りたい時に入ります。買い物に行く人、畑作業に行く人、幼稚園の園庭掃除に行く人、残って内職をする人などに別れて午前中を過ごされます。
・デイサービスにある家具は大体大工さんを昔にしていたメンバーさんの手作りです
・現在は、人生にほんのりと灯りを居宅介護支援事業所AKARI、ゆるやかな時を創る訪問介護YURAGI、あたりまえを当たり前にデイサービスOTAGAISANの3事業を展開。これから仕事&役割付きシェアハウス住宅型有料老人ホームSUMIKAを平成30年11月に立ち上げます
・それぞれができることを補い合って生活していきましょう
・デイサービスを特別な場所にしたくなくて歳をとることも、介護が必要になることも、死ぬことも人間として当たり前で、介護保険適用になると特別感が出てしまうのが疑問に思い、2年半前におたがいさんデイサービスの開設にいたりました
・これまでは在宅で生活するためにはどういったサービスが必要なのかを知りたくて、訪問介護や小規模多機能、通所介護など経験しました。最後の老人ホームではどういう生活なんだろうと施設の立ち上げから関わらせていただきました
・「株式会社おおきに」は個人的にありがとうより人情味があり良いかなとつけました
・開設当初はケアマネジャーさんにも事業説明すると驚かれました
・分岐点は元気になって働きに行くからデイサービスをやめられたメンバーさんの噂が広まったこと
・家で生活できない、生活から切り離した環境はおかしいのではないかと思い
仕事や役割を取り入れました
・日々変化するデイサービスでの生活に柔軟に対応して行くスタッフさんに感謝
・スタッフさんがすごいです
・自分が歳いったときにどうなりたいか、どうしたいか、どういうところに通いたいかを常に置き換えて考えるようにしてとスタッフには言っています
・自分がしたいだろうなってことは、多分目の前のメンバーさんたちもしたい人がいるかもしれないし、したくないと思うことはしたく無いかもしれないし、そこは自分に置き換えてよく考えてと言っています
・声かけするのも、今はお風呂を入るのが嫌だと言う人も過去にはいましたが今はいません。認知症の人は忘れてしまい毎回初めて初対面のかたばかりなので、どうしたらこの認知症の人が無理矢理ではなくお風呂に入ってくれる環境を作れるのかをその人の背景をみてスタッフは考えています
・その人の生活に結びつくやりたいことをしてもらっています
・家族様、ケアマネジャーさん、関係事業所さんの希望する方にはSNSでグループをつくり日々の活動の様子を写真で共有しています
・メンバーさんの意欲を高めるられるどうしたらよいか、ケアプランにも落とし込んでもらいデイサービスの時間内でしたいことをしてもらっています
・立ち上げ前に、市町村をみたときに自分のやりたいデイサービスをするのに奈良県桜井市がいちばんバランスがとれていた
・デイサービスにきてお金を稼ぐ人もおられます
・畑で作った農作物を居酒屋さんに卸したり元皮職人さんは皮で小物を作ってネット通販で売ったりバザーへ出店したり、2ヶ月に一回のお酒が飲めるBARをやったり、元大工さんは家具を受注して、オーダーメイドで作って販売から納品をしています。他、得意分野でお金を稼いできたお金をみんなでほしいものを買ったり忘年会を開いたりで使用しています。
・生きがいを引き出してそれを実際にできる環境まで作り上げています
・もちろん何もしたくない日はなにもされていません
・ご利用者のやりたいことを叶えてあげられない気持ちが積み重なっていくと優しい気持ちからスタッフの離職へも繋がるのかなと感じます
・家での当たり前の生活を大切にしながら、デイサービスでも当たり前に継続してもらいまして生きがいを見出してもらいたい
・サービスを提供する側とされる側に分かれるのではなくてみんなで一緒に生活するメンバー
・生活の場ですのでデイサービスに来るお客様に、お茶をご利用者様が出されたりします
・小さなお子様を連れてスタッフが一緒に出勤します
・近所の子供がデイサービスに来て作った販売用の駄菓子を買いに来たりしています
・気がついたら知らない子供がお昼ご飯をたべていました
・2世代3世代で生活されていたと思うしその昔当たり前の環境がここにはあります
・子供のオムツ交換や抱っこをしてくれたり、お菓子を買ってくれたり遊んでくれたりをご利用者様がしてくれます
・ひいおばあちゃんの面会に特養まで行っていた時に、かっこいいスッタフがいてて、そのお兄さんをみて介護士をやってみたいと思った
・歳を取って行くなかで、僕はこの生活をするのかな?と自分の中での介護感が出来上がって来た
・今まで思い上げて来たことを形にするために独立しました
・デイサービスセンター内覧会でのこと
・小さな公民館などでみんなが集まれる環境があれば、究極としてデイサービスをしながらもデアサービスは無くなちゃえばいいとも思っている
・在宅生活できることをデイサービスで身につけてもらえたら良い
・半年で黒字化する
・スタッフさんのすごさ
・ご利用者様のはにかんだ表情やドヤ顔を重要視しております
・デイサービスでやっていたことを24時間型でやります!
・昔喫茶店をやっていたご利用者様が、仕事&役割付きシェアハウス喫茶店をオープンさせます
・ポスティング営業なども希望する人は配りに行きます
・介護保険に入る前の生活をできるだけお手伝いします
・営業にいくときはケアマネジャーさんに農家や大工さんいませんか?仕事あるんですけどと業種で尋ねています
・畑仕事など納期もあるのでみなさん休まれず来所されます
・悔いなく豊かに死んでほしい
・若年性認知症のお母さんと不登校の娘さんが、BARに来られて私たちここで働けますかと言って来られて働きに来てくれます
・ご利用者様も自分で稼いだお金で家族にご馳走したりされています。完全に自宅でも感謝され自分の居場所があります

□番組内容
・つかみ
・株式会社 おおききとは
・デイサービスおたがいさんとは
・デイサービスおたがいさんの1日の様子
・メンバーさんとは
・介護業界へ入る経緯
・介護業界へ入ってから感じたこと
・独立の経緯
・お仕事とは
・スタッフさんのこと
・屋上はビアガーデンのある仕事&役割付きシェアハウス住宅型有料老人ホームSUMIKAとは

□デイサービスおたがいさん 株式会社おおきに  HP
ホームページはこちらからご覧ください

詳しくは番組をご覧下さい
番組終了まで見所満載です!
そして太田さんへ熱いメッセージやお問い合わせをお願いします!
その熱意とお人柄を感じて下さい。

とても分かりやすくご丁寧に話していただきました太田さん
楽しく収録させて頂き感謝をいたします。
また番組に遊びに来て下さい\(^^)/

・放送局
nagomiチャンネル
番組はこちらからご視聴ください

・番組名
『たっきーのフォレスとガンプ』

・放送日時
12月3日(月) 10:30~11:00
以降はnagomiチャンネルでいつでも
ご視聴できます。

・放送局施設
新大阪stationかわいい貸しサロン
編集 谷迫 笑子

・たっきーのフォレスとガンプHP↓
ホームページはこちらからご覧ください


========================
介護付き旅行サービス 和-なごみ-
代表:瀧本 法和
住所:大阪市中央区西心斎橋2-14-5-1103
TEL:090-8820-4204
FAX:050-3730-1239
mail :kuon.25.09088204204.0411@gmail.com
HP: http://www.nagomi-support.jp
その笑顔が見たいからお客様の翼になります。
お客様の90%が笑顔に。笑旅行
========================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です