特別養護老人ホーム 陽光ひめじま苑

皆さんおはようございます。
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第72回目のゲスト

□特別養護老人ホーム 陽光ひめじま苑
介護主任 寺田 剛

□番組キーワード
・配信は12月26日(水)の10時30分!
・紹介者 一般社団法人 幸せ介護創造ファクトリー 湯淺美佐子さん
・施設は大阪淀川区に去年の10月1日オープンしました。半年でずっと満床です
・スカイプで繋がっている施設のユニットリーダー研修の中で、みなさんに『たっきーのフォレスとガンプ』のことを「ぜひ見てくださいね〜」と話しておきました
・youtubeのnagomiチャンネルから番組を何本か見ました。感想はゲストの方が大きな夢をもっていてとてもキラキラ楽しそうでしたね。
・施設の人にも、『たっきーのフォレスとガンプ』に出ますわーと言って来たので施設名公開も了承もらっています
・湯淺さん前の職場が一緒で僕の恩師です。可愛がってもらいました。
・介護士やって今で16年目です。年齢は35歳です
・児童養護施設で働きたくて保育の学校に行ってて保育士になり、介護福祉士の資格をとりました。
・保育の仕事は難しいので淡い気持ちで介護の世界へ
・同年代で夢を持って介護に来た人と僕とでは温度差がありました
・感動もなくただ作業として介護をしていました。
・これではダメだと思うきっかけが湯淺さんや看取りの方、僕のおばあちゃんの存在でした
・それに気づいてからは覚悟が決まり、いろんな可能性がある仕事と思いました
・熱い気持ちに変わってからは暑苦しいと言われます
・マイナス発言がなくなりました
・お子さんからUSJのゾンビメイクを見て「パパみたい」「パパそんなにしんどかったらお仕事いかなくていいよ」「暗くなるから」だと言われた
。理由は、家ではゾンビの顔して「しんどいから仕事行きたくない」しか言ってなかったと言われた。翌日に職場に行くとマイナスの発言しかなくて、その中で過ごしている利用者様のことを考えた
・僕は高齢者だけでなく子供の夢も消していたことに気づく
・そこから7Kへシフトし劇的に変わって行く
・7K=1、キラキラしている。2、希望がある。3、可能性がある。4、共感がある。5、感動がある。6、感謝がある。7、そしてその全てを奇跡。
・この7つの土台にワクワクがある。職員がワクワクしたら離職もなくなる
・ワクワクはスタッフから利用者様に還元される
・介護事業所が潰れる理由に人が確保できないも大きい
・職員が定着するにはワクワクしてもらうことが一番と思います
・職員一人一人に夢をもってキラキラさせることが僕の仕事
・人生終わるまで青春。僕たちがお客様にワクワクしてもらうことが仕事です。青春を提供するのは職員です
・それに気づくまでに随分と遠回りをしました
・いろんなことを積み重なっての自分だから、それをスタッフさんに還元し承認をします。僕が一番大事にしていることは承認です。
・施設から否定をなくします
・風通しの良い職場は、承認の世界が生まれているから
・いいね、いいねを言い続けます
・アピール会議を作ります。職員さんがこの1ヶ月間をこれだけ頑張ったよと発言し周りがいいねいいねと承認する。それから自信ができて自発的に発言するようになる。
・働いている時点で凄いし、せっかくだから楽しく働こう
・一生懸命生きているし、頑張らなくていいよ楽しもう
・上に達人達の考えも変えたい。人材不足から人を採用するのを、「お客さんがお客さんを呼ぶ」にしたい。良い噂が広まるにはスタッフが笑顔になりお客様に還元すること
・キラキラ輝く僕たちが日本を背負っている
・僕たちは高齢者の人生の白と黒をつける最後の仕事を担っている
・あなたに会えて良かったと言われたい
・湯淺さんからはfacebookをやれやれ言われています
・福祉施設を「ここではない」と転々としてきて分かったのは結局自分の覚悟次第
・僕は昔正直腐っていました
・昔の仕事での達成感は、作業的、合理的に40人お風呂に入れたこと、今はお客様にたった一人でもありがとうと言ってもらえること。それが質。今思うと、昔の達成感は自分もお客様も楽しくない
・出会える人と出会って自分を見つめ直せたから変わった
・特養であれば、ユニットリーダー→フロアリーダー→介護主任
・逆三角形組織=お客さんの声を最初に聞くには現場スタッフ。ていうことは偉いのはスタッフです
・スタッフの笑顔、お客様の笑顔が嬉しいしやりたいと思う
・淀川でNo. 1施設になる、そして関西のNo. 1施設へ
・語りすぎて収録本番前に燃え尽きました
・変わるのは世界ではなく僕自身。働くことが楽しい。イヤダイヤダからワクワク
・介護士ほどプロフェッショナルであって誰でもできる仕事ではない
・お客様がなぜ幼少期に戻るのか?それは幼少期はワクワクしていたから
・人生たくさん泣きました
・自分が変わった時、スタッフにどう接したか?空回りしました。最初はスタッフを変えようとしていました。それが失敗したきっかけ。人は変わらない。
・自分の信念をやり続けました。そして皆に承認されました
・介護だけでなく全世界を変えたい
・夢の架け橋
・あっぱれは講演活動を目的。可能性に溢れています。蓋をしているのは自分自身で蓋を外せば無限の可能性がありどんな夢でも叶えられます

□番組内容
・つかみ
・仕事の取り組み
・介護士になる経緯
・7Kとは
・職員が辞めずに定着するには
僕の仕事
・一番大事にしていること
・僕の野望
・アピール会議とは
・あっぱれとは
・自分の目標
・仕事のやり甲斐、モチベーション

詳しくは番組をご覧下さい
番組終了まで見所満載です!
そして寺田さんへ熱いメッセージやお問い合わせをお願いします!
その熱意とお人柄を感じて下さい。

とても分かりやすくご丁寧に話していただきました寺田さん
楽しく収録させていただき感謝をいたします。
また番組に遊びに来て下さい\(^^)/

・放送局
nagomiチャンネル
番組はこちらからご視聴ください

・番組名
『たっきーのフォレスとガンプ』

・放送日時
12月26日(水) 10:30~11:00
以降はnagomiチャンネルでいつでも
ご視聴できます。

・放送局施設
新大阪stationかわいい貸しサロン
編集 谷迫 笑子

・たっきーのフォレスとガンプHP↓
ホームページはこちらからご覧ください


========================
介護付き旅行サービス 和-なごみ-
代表:瀧本 法和
住所:大阪市中央区西心斎橋2-14-5-1103
TEL:090-8820-4204
FAX:050-3730-1239
mail :kuon.25.09088204204.0411@gmail.com
HP: http://www.nagomi-support.jp
その笑顔が見たいからお客様の翼になります。
お客様の90%が笑顔に。笑旅行
========================
#たっきーのフォレスとガンプ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です